記事ID149198のサムネイル画像

ケンドーコバヤシさんの最新の髪型は?頼み方や名前を解説

ケンドーコバヤシさんの最新の髪型を知りたい人も多いのではないでしょうか?ケンドーコバヤシさんは過去にパーマやソフトモヒカンなどさまざまな髪型に挑戦してきました。本記事では、ケンドーコバヤシさんの髪型について紹介します。頼み方や最新の髪型の名前を解説するので、気になる人はぜひ内容を確認してみてください。

強面の芸人として人気を集め、過去にパーマやソフトモヒカンなどを試してきたケンドーコバヤシさん。ケンドーコバヤシさんは男性人気が高く、最新の髪型の名前や頼み方が気になる男性も多いです。

本記事では、ケンドーコバヤシさんの髪型を紹介します。最新の髪型にくわえて、昔の髪型や具体的なオーダー方法も解説するため、気になる人はぜひ最後まで内容を確認してみてください。

ケンドーコバヤシさんの最新の髪型の名前はバーバースタイル

最近のケンドーコバヤシさんの髪型は、バーバースタイルです。これは、サイドは刈り上げられていて、トップは自然に流したスタイルです。スタイリング剤でツヤ感のあるセットをすることで、セクシーに仕上がり、ぽっちゃり体型の人でもかっこ良さを出せるヘアスタイルです。トップをゆるくセットして自然な雰囲気にすると、男らしさの中にも、可愛らしさがある印象になります。全体的に柔らかい雰囲気になり、ケンドーコバヤシさんのイメージにぴったりです。トップをオールバックにしてワイルドにするアレンジもでき、セットによってイメージを変えることも可能です。

角度別に見たケンドーコバヤシさんの髪型は?

次に、ケンドーコバヤシさんの髪型を、様々な角度から見ていきます。多角的にみることで、このスタイルの特徴をしっかり把握しましょう。シンプルなスタイルに見えて、様々な仕掛けが施されていることが分かります。

正面から見るとワイルドに見える

トップは3~5cmの長さで横流しのコームオーバーとも呼ばれるスタイルです。コームオーバーとは、バーコードのように横に流すスタイルで、もみあげを伸ばしたり、髭との相性も良い髪型です。正面から見てもサイドのバリカンでの刈り上げが印象的なスタイルです。スタイリングによってはツヤ感をなくし、ナチュラルに仕上げることも可能です。

トップはグリースできれいな毛流れになっており、それがいいアクセントになっています。トップの毛を両側から中央へセットすることで、リーゼントのようなスタイルにすることもできます。彼は額の形がM字形なので、そのM字に沿って刈り上げており、そこがトップとサイドの分かれ目になっています。

サイドは刈り上げのグラデーションカット

サイドからみると、ツーブロックではなく、トップ部分まで軽くグラデーションカットになっています。グラデーションカットとは、髪の毛の上部が長く、下部が短くなるようにしたカット技法です。グラデーションカットにすることで、トップ部分とのバランスをとり、おしゃれな雰囲気を演出できます。

後ろもグラデーションカットが特徴的

サイドからえり足部分までバリカンでしっかりとカットして、徐々にグラデーションカットしています。サイドに比べるとグラデーションの幅が広くなっているのが分かります。後ろはきれいな髪の色彩が出来ており、シンプルなスタイルに見えますが、高い技量が必要なカットです。後頭部付近はトップに比べて短めで、控えめな印象に仕上げられています。後ろもツヤ感を出したセットなので、後頭部もクールなイメージになっています。

トップは髪質もあってウェーブ感が出ている

トップは横流しにしており、おしゃれな印象ですね。このスタイリング方法は、海外のメンズなど、多方面で人気なアレンジです。トップの髪は3~5cmにカットされており、一見モヒカンにも見えますが、グリースを使って毛流れを作っています。ケンドーコバヤシさんの髪は少しくせがあり、それが良い感じの毛流れになり、ウェーブ感になっています。頭を上から見る機会はあまりありませんが、きれいな毛並みが出来ており、クールな印象になっています。頭頂部を上から見なくても、トップの髪は時おり見えるので、この印象は伝わるでしょう。

ケンドーコバヤシさんの髪の特徴は?

この項では、ケンドーコバヤシさんの髪の特徴を見ていきます。髪色と髪質は、取り入れるうえで重要な要素なので、しっかりと確認しましょう。シンプルなスタイルですが、髪の特質を生かした工夫が施されています。

髪色は黒

ケンドーコバヤシさんの髪色は黒です。ブラックであることで、爽やかな雰囲気やクールな印象になります。髪色が黒であるのは、彼のイメージにとって大きいかもしれません。全く染めていないことで、浮ついた印象やチャラい感じとは無縁になっています。きわどい芸風ながら、常識人としてのイメージもあるケンコバさんは、黒い髪色で正解でしょう。

髪質はドライ、軽め、ストレート

髪質は、ドライ,軽め、ストレートです。トップの髪に動きがあり、ドライな質感です。髪は全体的に軽い印象で、毛の流れは自然なストレートのようです。少し毛にくせがあるようにも見えますが、基本的には直毛です。短く切っていることからも、爽やかで軽やかな印象が強くなっています。スタイリング剤で動きと潤いを与えているので、クールな仕上がりになっています。

ケンドーコバヤシさんの髪型の頼み方

ケンドーコバヤシさんの髪型はカミソリのいらない刈り上げなので、美容院でも理容院でもオーダーできます。サイドはツーブロック気味に、こめかみの高さまで1mm程度のバリカンで、後ろはえり足と耳のまわりに1mm程度のバリカンで、後頭部につながるようにグラデーションカットにします。トップは3~5mmでカットし、つむじ付近はトップよりも短めにします。ただ、刈り上げる長さは、似合う長さがまちまちなので、美容師と相談しましょう。また、刈り上げる部分である、フェードカット部分の長さや処理の仕方で、アレンジを楽しむこともできます。

ケンドーコバヤシさんの髪型が似合う人の条件は?

次に、ケンコバさんの髪型が似合う男性の条件を見ていきます。髪質、ファッション、体型と、総合的に確認しましょう。このスタイルは、男くさい印象の方に、似合いやすいようです。

髪質の条件は比較的少なめ

髪質の条件は、ストレート、ウェーブヘア、カーリーヘアであり、多くの髪質と相性がいいことになります。ただ、天然パーマは髪のボリュームが出やすいので、ウェットに仕上がるスタイリング剤でタイトにセットする方がお勧めです。あまり髪質を選ばないスタイルなので、多くの人がチャレンジしやすい髪型です。

ファッションはカジュアルが似合う!ヒゲとの相性もよい

ファッションは、カジュアル、フォーマル、どちらとも合います。ただし、カジュアルファッションの場合はヘアスタイルはドライな質感で、フォーマルファッションの場合はウェットな質感で仕上げましょう。また、髭との相性も良く、これはケンコバさん自身が証明しています。彼個人の傾向で言うと、男くさく泥臭いファッションが多く、それが髪型とマッチしています。アメカジや派手目な服装にすんなりと調和しているのはご存知の通り。さらに、この髪型は、メガネや帽子などの小物とも違和感なく共存できます。

体型は太めでワイルドな雰囲気のある男性が似合う

体型は太めでレスラー体型の男性に似合いやすい髪型です。この髪型にするとぽっちゃりした人も貫禄が出て、渋さが出たり、男らしさも演出できます。顔の印象も込みで、ワイルドでコワモテの雰囲気の男性が、そのイメージを強化するのに、このスタイルは役立ちます。逆に言うと、細面で痩せてイケメン風の男性は、似合いにくいと思われます。

ケンドーコバヤシさんのスタイリングにはハードワックスを使おう

このスタイルに適したスタイリング剤は、ハードワックスです。ハードワックスの特徴は、高いホールド力とドライな質感であり、ショートヘアのセットに適しています。ツヤ感がほしい場合は、グリースをチョイスするのもアリです。ケンコバさんも、髪の長さやTPOによって、スタイリング剤を使い分けています。トップの髪をしっかり固めたい時は、ハードスプレーを併用しましょう。

ケンドーコバヤシさんの歴代髪型は?

次に、ケンコバさんの過去の髪型を振り返っていきます。いずれのスタイルも今の彼の髪型と、長さ、形共に近いものです。すでに彼のスタイルに挑戦している人も、検討してみましょう。

坊主に近いベリーショート

ケンコバさんは坊主に近いベリーショートの時期がありました。このスタイルは刈り上げたスタイルよりもソフトな雰囲気があり、髭と合わせておしゃれな雰囲気にもなります。すっきりさわやかなベリーショートにしたいけれど、あまり尖った印象にはしたくない方は、このスタイルもお勧めです。ファッションで武骨に見せたり、伸びてきたらアレンジできるのも長所です。

オールバック

トップ部分をオールバックにしたスタイルの時もありました。髪の毛の動きが出て、ワイルドな雰囲気が演出でき、髪の流し方によって雰囲気が変わるので、アレンジが楽しめます。ケンコバさんは今でもオールバックスタイルでメディアに出ることがあるので、本人も気に入っているようですね。セットの自由度が高いものの、髪を整えるのがややめんどくさいかもしれません。

ソフトモヒカン

ソフトモヒカンは彼の髪型の中でも、とくに印象の強いスタイルです。ソフトモヒカンは髭とも合いやすく、トップ部分にパーマを当てることで雰囲気を変えられます。ケンコバさんの場合は、サイドと後ろは刈って、トップの髪を長めに残してふわっと立ち上げていました。やんちゃでいかつい印象になり、アメカジやバイカーズファッションにぴったりです。どちらのファッションも彼の得意分野なのは、言わずもがなです。

また、ソフトモヒカンのベリーショートは、トップにボリュームがくるので、ぽっちゃりした人もすっきりした印象に見えます。くせ毛を生かしたアレンジもでき、男らしさとおしゃれな感じが両立できます。

ケンドーコバヤシさんのカットは中目黒のforestで

ケンコバさんは、中目黒にあるforestという美容室でカットしています。この美容室は、千原ジュニアさん、今田耕司さん、岡村隆史さんなど、数々の人気芸人が利用しています。小さなお店で、基本的に新規の受け付けは行っていないようで、ここを利用するのは難しそうです。ただ、このスタイルは、美容院だけでなく、理髪店でもオーダーできるので、是非試してみましょう。一つ注意したいのは、この髪型は意外に高い技量が必要なことです。簡単そうに見えますが、しっかりとした工夫があるので、確かなスキルを持ったプロに担当してもらいましょう。

ケンドーコバヤシさんのように髪型が特徴的な芸人は?

この項では、特徴的な髪型の芸人を見ていきます。見た目のインパクトとキャラクターが大事な芸人にとって、ヘアスタイルは重要です。ここに挙げたのは、いずれも髪型でタレントとしての方向性を決定したお笑い芸人です。

象徴的なおかっぱヘア!日村勇紀さん

おかっぱ頭がトレードマークの、バナナマンの日村勇紀さんですが、最初は仕事でこの髪型になったそうです。コントにも支障がなく、いいキャラ付けにもなり、今日に至るまでこのスタイルになっています。日村さんのキモくて可愛らしい存在感は、あの髪形なしでは成立しなかったでしょう。あの髪型でなくなったら、日村さんだと分からないかもしれません。確固たる意志があってあの髪形を続けているわけではなく、いわば成り行きでああなってきたのは驚きですが、おかっぱマッシュルームといえば彼だと断言できます。ただ、本人は伸ばしてパーマをあて、茶髪にしたいという願望を持っているようです。近いうちに、大胆なヘアチェンジがあるかもしれません。

実はさまざまな髪型を試していた?又吉直樹さん

又吉直樹さんは、額を出したセンター分けロン毛パーマのスタイルが定着しています。独特のアーティスティックな雰囲気は、あのスタイルが演出している部分も大きいと言えます。雑誌の表紙を飾ったり、モデル活動もこなしています。ただ、過去には色んな髪型を試しています。短髪や刈り上げも様になっています。コントや番組の企画で、ホスト風のスタイルや武士の姿にも扮しています。このような、いつものテイストと違う又吉さんを見て、「イケメンすぎる」と驚く人が多いようです。実際、彼の顔立ちはとても整っています。そして、ロン毛パーマが様になるのも、やはりその整った顔故でしょう。

アシメの髪型は不評だった?井上裕介さん

NON STYLEの井上裕介さんは、かつてアシンメトリーの髪型で話題になりました。ただ、現在では黒歴史として、自虐的に振り返っています。共演者に「国民が全員嫌ったというアシンメトリー」といじられると、井上さん本人も、「アシンメトリーのブームを終わらせた」と受け入れ、笑いを取っています。

そんな井上さんは、コロナのステイホーム期間にセルフカットに挑戦しました。アシンメトリーについては、「あれにはとんでもない技術が必要」と語っていました。現在ではネタにしているものの、アシンメトリーの髪型と共に彼の知名度とキャラが浸透したのは間違いないと思われます。勘違いナルシシトキャラとして気持ち悪がられ、お茶の間を騒がせる要因としては、アシメスタイルは不可欠でした。あの髪形が話題を提供し、ブレイクに一役買ったのは間違いありません。特徴的な髪形と芸人の関係を考えるのに、最適な例です。

ケンドーコバヤシさんのヅラ疑惑

ケンコバさんは、「ハゲていてかつら?」とヅラ疑惑があるようです。それは真実なのでしょうか?この疑惑について、様々な画像をさかのぼって、検証してみました。SNSなどでは、「ケンコバってめっちゃM字ハゲだな」、「ケンコバ、ハゲた」などの声が見られます。しかし、客観的事実として、彼がハゲてカツラだという情報があるわけではありません。そこで、いろんな角度から彼の頭髪を見たところ、たしかにM字の生え際で、額は広いですが、正面の生え際、横ともに、違和感のある点は見当たりません。もちろん髪型は少しづつ違いますが、ケンコバさん自身の髪に見えます。

若い頃から、過去の画像を見ても、すごく変化したようには見えません。毛量が少し減ったようには見えますが、大きな変化ではなく、加齢による変化だと思われます。これらの検証の結果、ケンドーコバヤシさんはかつらではないと思われます。かつらだと断定できるような要素が見当たりません。

検証していて思ったのですが、こういう疑惑すら、彼には「おいしい」のかもしれません。今でこそ「かっこいい」と言われることもありますが、もともとケンコバさんはかなりきわどいキャラクターの芸人です。そんな彼にとって、ハゲ疑惑など、痛くもかゆくもないでしょう。あえて疑惑を泳がせて、それを楽しんでいるかもしれません。泳がせたあげく、軽く疑惑に触れて真実を濁すくらいのことはやりそうです。

ケンドーコバヤシさんは、親しみやすいキャラクターですが、いまいち何を考えているか分からないところがあります。いつも半笑いで軽妙なトークを繰り広げていますが、人間としての底を見せることはありません。もともとはどぎつい下ネタで頭角を現し、カルトな人気を博していた彼が、なぜ現在の好感度を得ているのか、説明できません。

博識な側面や、人当たりのいいキャラクターに、みんな騙されているのかもしれません。ヅラ疑惑に関しても、ケンコバさん自身がどう考えているかは、どうでもいいのではないでしょうか。ヘアスタイルやファッションに関しても、彼本人がどのくらい執着があるのかは分かりません。この先、ケンコバさんがメディアで本音を語ることはあるのでしょうか。そんな疑問も、彼の半笑いの顔つきの中に消えていきます。結局のところ、ケンコバさんの実像はどこにあるか、誰にも分かりません。これからもずっと、半笑いでいてほしいものです。そして、本音が分からないという事実すら、うやむやにし続けてほしいです。

ケンドーコバヤシさんの髪型を真似してみよう

ケンドーコバヤシさんの髪型について調べてみました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。人気芸人として活躍するケンコバさんは、そのファッションでも注目されています。とくに彼の髪型は、かっこいいと評判です。ケンコバさんの独特のキャラクターを考える上で、ヘアスタイルの果たす役割は大きいと思われます。ぱっと見はいかつい印象ながら、可愛らしくて憎めない個性は、髪型が表現しています。今後も彼の活動と共に、ヘアスタイルにも注目していきましょう。

関連記事もどうぞ!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ